凝集剤自動溶解装置

凝集剤と併せて自動溶解装置の設置も承っております。
凝集剤のタイプ(粉体凝集剤、エマルジョン凝集剤)、量によって溶解タンクのサイズや数が異なります。
お客様の運用に合わせてベストな形をご提案いたします。

凝集剤自動溶解装置設置のメリット

  • 自動化で手動の手間を大幅カット
  • 連続運転可能・安定した供給量

自動化することにより、作業の効率化はもちろん、手動では対応が難しかった夜間の運転が可能になり、従来より処理量が増えたというケースも。

凝集剤と併せて、まずはお気軽にご相談ください。

凝集剤自動溶解装置

凝集剤自動溶解装置 型式一覧

型式 粉体供給装置
[L]
工水供給量
[L/min]
電気容量
[kWh]
処理能力
標準/最大[L/hr]
KDS500 30 30 0.8 200/500
KDS1000 30 30 0.8 600/1000
KDS2000 30 30 1.2 1400/2000

※対応仕様操作盤付属。薬液移送ポンプは別途料金となります。
使用凝集剤の溶解性や使用量に合わせ形式を選定いたします。
電気容量、外形寸法は参考値であり、お客様のご要望により変更になることがあります。

凝集剤自動溶解装置寸法表

凝集剤自動溶解装置寸法図
型式 A
[mm]
B
[mm]
C
[mm]
D
[mm]
E
[mm]
F
[mm]
G
[mm]
KDS-500 (1081) 800 (943) 525 980 (2035) 1100
KDS-1000 (1484) 1280 (1365) 525 1280 (1781) 900
KDS-2000 (2526) 2400 (2553) 525 1410 (1990) 1050

※カバー端面までの寸法です。

ページトップへ戻る