HOME > スリットセーバー

スリットセーバーとは

連続配置された楕円板群の上に固体と液体が混ざったものを流すことで 固体と液体を分離します。
さらに、 多数のスリット間を楕円板が回転することによって、固形分の搬送とスリット間の目詰まりをなくす仕組みです。








スリットセーバーの特徴

1.目詰まりしない!逆洗浄不要!
スリット間を楕円板が連続回転することにより、常にスクリーン部のセルフクリーニングを行います。

2.シンプルでコンパクト設計!
構造がいたって簡単なため、非常にコンパクトになっており、設置が容易で振動もありません。
特別な基礎工事も不要です。

3.運転が簡単で省エネルギー!
標準仕様において駆動は小型モーターだけですので、非常に省エネルギーです。

4.メンテナンスが容易!
構造がシンプルなため、メンテナンスも容易です。


用途別導入事例

●養豚糞尿脱水
●コロイダルシリカ排水 ●食肉排水グリストラップ
●給食残飯排水処理脱水


用途例

●給食センターの残飯処理
●魚介類の洗浄排水の処理
●ディスポーザー廃液・破砕機排水
●排水処理の前工程
●食品等の水切り装置
●家畜糞尿の一次処理
●廃油等の固液分離
●プラスチック等の破砕くず回収に
●建設現場で発生する汚泥を処理するスクリュープレス等脱水機の前後処理として
●河川・湖沼の水質浄化
・一次処理
・ヘドロなどの沈殿物の処理
凝集剤を利用して さらに回収率の増大可能


スリットセーバー型式仕様一覧(目開き1.0mm仕様)


スリットセーバー[濃縮仕様]
型式 公称処理幅
[mm]
処理面積[m²] 汚泥処理量
※参考
[㎏-DS/h]
外寸(WLH)
SS-2.56 236 0.11 20 W359-L536-H174
SS-312 280 0.26 45 W612-L1150-H400
SS-412 380 0.35 55 W712-L1150-H400
SS-512 480 0.44 80 W812-L1150-H400
SS-612 580 0.54 100 W912-L1150-H400
SS-616 580 0.71 130 W912-L1483-H400
SS-812 780 0.9 210 W1160-L1450-H465
SS-912 880 1.02 230 W1260-L1450-H465
SS-1212 1180 1.36 310 W1560-L1450-H465
スリットセーバー[脱水仕様]
型式 公称処理幅
[mm]
処理面積[m²] 汚泥処理量
※参考
[㎏-DS/h]
外寸(WLH)
SS-311D 280 0.26 20~30 W612-L1170-H400
SS-411D 380 0.36 30〜40 W712-L1170-H400
SS-511D 480 0.45 40〜50 W812-L1170-H400
SS-611D 580 0.55 50〜60 W912-L1170-H400
SS-811D 780 0.81 60〜75 W1160-L1354-H465
SS-1011D 980 1.38 70〜85 W1360-L1714-H465
SS-1211D 1180 1.66 80〜95 W1560-L1714-H465





お問い合わせについて

電話番号0853-28-1818  FAX0853-28-2858
ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

▲ページトップに戻る